概要

設立 1993年10月31日
代表者 会長    宮崎 寛康
理事  浅羽 設子(副会長) 
 河野 うらら   
 日野青年会議所理事長(平 滋雄)   
 廣石 洋一
 福田 博之
 森 正晴(副会長)
 山口 敬二(副会長)
 吉澤 司郎 
 渡辺 ファティマ
(50音順)
事務局 事務局長  徳田 雅信
2021年度
基本方針
 日野市国際交流協会は設立25年を過ぎ、時代の変化とともに求められる役割も変化してきました。

 日野市内に居住する外国にルーツを持つ人たちの増加とともに、日野市で活動する国際交流協会として、日本人も外国にルーツを持つ人たちも互いに住みやすいまち「日野」を目指すことが求められています。

 外国にルーツを持つ人たちと日本人がともに生きる多様性をまちづくりに生かすことにより、多文化共生地域づくりを促進し、日野市が国際親善、世界平和に寄与できることを目指します。
2021年度
重点目標
(1)日野市及び市内外の諸団体との連携を深めるとともに、近隣の国際交
  流協会とも連携しながら地域の発展を推進します。

(2)多文化共生社会の実現のため、日本人も外国にルーツを持つ人たちも
  お互いの思いや文化の違いを理解し、ともに行動することに努めます。

(3)長期ビジョンに沿った協会活動に取り組みます。
2021年度
主要事業
(1)多文化共生社会実現に向けた取り組みをさらに充実する。

(2)異文化を互に知り合う企画を立案実行し、日本人と外国にルーツを持
  つ人たちとの親睦の輪をさらに広げる。

(3)地域の外国にルーツを持つ人々に寄り添った日本語学習支援活動を実
  施する。

(4)国際理解教育への協力や、相談事案への通訳紹介などを充実する。

(5)市民、地域、会員に伝える情報を積極的に掲出する。

(6)日野市及び市内の諸団体の事業にも出来る範囲で参加し、協会の存在
  をアピールする。

(7)生活相談、防災・減災、外国ルーツの子どもたちを取り巻く諸課題な
  どの事業化に向けて取り組む。
会員数 260人 4団体(うち外国人102人)

(内 訳)
個人会員:182人(うち外国人 42人)
家族会員:27家族 73人(うち外国人20家族 59人)
学生会員:5人(うち外国人 1人)
団体会員:4団体
※2021年3月31日現在の会員総数

 

 1993年10月31日、市民の自主的活動に基づき、地域レベルでの人と文化の国際交流を行い、もって国際親善と世界平和の発展に寄与することを目的とし指定設立されました。

 その後交流活動を中心に事業を行うとともに、日本語教室の拡充にも力を注ぎました。

 2017年からは、多文化共生社会の実現を活動の柱として、日本語教室の開催、多文化共生意識の啓発等多文化共生の地域づくり、外国にルーツを持つ人たちへの各種生活支援、多言語(「やさしい日本語」を含む)による情報提供等のコミュニケーション支援、各種支援活動に関する支援者研修などに取り組んできました。

2020年度
 事業報告書
 決算書

Translate »

Copyright © 日野市国際交流協会 , All Rights Reserved.